レンタルドレスを利用しよう

レンタルドレスを利用しよう ドレスは結婚式や二次会で着るものですが、購入するだけではなくレンタルするサービスもあります。何度も着ることがほとんど無い場合はドレスを購入せずに、レンタルドレスのサービスを活用して、当日着用する人も多くなっています。レンタルサービスを提供しているお店を利用する時には、自分が着たいドレスをスムーズに借りられるショップがおすすめです。例えば、ホームページなどから、取り扱っているドレスを見るなどして、気に入るドレスがあるかチェックしてみると良いです。

購入する場合もレンタルの場合もサイズの確認は非常に重要ですが、サイズ展開が豊富なので、レンタルドレスの場合今の自分の体形にあったサイズから着たい一着を選ぶことができます。まずは、自分が普段着用している洋服と同じサイズのものを試着してみましょう。もし、洋服のサイズが洋服によって異なる場合は、自分のサイズを測ってみてもよいでしょう。測るポイントは、自分の身長、バストのトップとアンダー、そしてウエスト、ヒップです。このサイズを確認しておけば、自分にぴったりのレンタルドレスを選べます

自分のサイズを確認したら、レンタルドレスの実寸サイズを測ってください。実寸サイズは自分の体型のサイズより3センチ以上のゆとりがあるものが望ましいとされています。これ以上のゆとりがあると、シーンにふさわしくない、もしくは全体的にだらしない印象をもたらす可能性があります。例えばゆとりがある場所が胸元の場合、露出が多くなり、結婚式には不適切です。そうすることで余裕を持って、安心して結婚式や披露宴のときにお気に入りのドレスを着ることができます。

また、自分が着たいドレスは実寸サイズだけでなく、着丈サイズも確認しておいてください。もし分からないことがあればスタッフに相談してみると、親切に教えてくれるでしょう。直接店舗に行けない人は、電話などで相談できるショップを選ぶようにしてください。

今の時代は近所にレンタルのドレスのショップが無くても、インターネットのサービスを駆使して、自宅に居ながらドレスを借りることができます。全国を対象としてサービスを提供しているショップもあるので、自分が住んでいる地域にもドレスを届けてくれるか事前に確認してください。さらに返却するときはどうすれば良いかも確認し、返却が遅れないように対処してください。そうすることで余計な延滞金を支払わなくて済みますし、予算の範囲内で借りられるでしょう。

最新ニュース